頼れるホームドクター

“かかりつけ医” を持とう

すべての人が、いつまでも人間としての尊厳を尊重され、住み慣れた地域で、最愛の家族や友人に囲まれて安心して暮らすことを、医学を通じて実現するためにあるのが“地域医療”その地域医療の中核を担うのが“かかりつけ医”だ。かかりつけ医は、患者の身近にあり、いつでも病気の相談を受け、丁寧に正確な病状を説明し、必要な時にはふさわしい医療機関を紹介するなどの役割を担っている。

 

かかりつけ医とは…

①患者の身近にいるお医者さん
気軽な相談をいつでもするためには、まず家から近いことが第一条件。

 

②どんな病気でも診てくれるお医者さん
病気かなと思った時に、どんな病気でも真っ先に相談できるお医者さんがいれば、
状況に適した医療がスムーズに受けられる。

 

③いつでも診てくれるお医者さん
病気は24時間365日、いつでもどこでも発生する可能性が。
かかりつけ医を基点に、
地域医療機関との連携により、いつでもどこでも適切な治療を受けることが可能となる。

 

④病状を説明してくれるお医者さん
患者の疑問に率直に丁寧に答え、納得のいく治療方針を検討してくれる。
また、患者の生活を支援するために、地域の医療・保健・福祉機関へのコーディネーターの役割も担っている。

 

⑤必要な時にふさわしい医師を紹介してくれるお医者さん
高度の診療機能を持つ専門医院との連携で、病状に応じてふさわしい医療機関・医師を紹介してくれる。