九州看護福祉大学レポート p10-p11