カテゴリー: 未分類

復興の灯となれ

〝医療の穴を空けない〟 1ヶ月半後には診療所を開設 2016年4月16日に起きた熊本地震で甚大な被害を受けた南阿蘇村立野地区。同村唯一の救急患者受け入れ病院として地域医療を支えてきた『阿蘇立野病院』も…

アスリートのためのスポーツ医療...

復帰を前提にした治療 予防と能力向上も視野に 2015年、『熊本回生会病院』の新病院開院と同時に、熊本で初めて開設された『スポーツメディカルセンター』。学生スポーツ選手からプロアスリート、シニアのスポ…

地域連携室とは

地域連携室とは自院と他院、他施設をつなぐ〝かけはし〟のような存在です」と楠さん。地域の医療機関や様々な保健・福祉サービス機関との連携の窓口として、患者に切れ目のない医療・看護・介護サービスを提供できる…

糖尿病治療薬の目覚ましい進化...

週1注射から飲み薬まで 正しい知識で選ぶ治療薬 「糖尿病の治療薬は、1990年代から大きく進化しました。当初はインスリンそのものを注射することが主流でしたが、今では週に1回の注射で済むものや、様々な飲…

かかりつけ医を持とう

たよれるホームドクター “かかりつけ医” を持とう すべての人が、いつまでも人間としての尊厳を尊重され、住み慣れた地域で、最愛の家族や友人に囲まれて安心して暮らすことを、医学を通じて実現するためにある…

インセンティブ制度とは

健診を受けて、健康保険料率を下げよう! 皆でトライできるインセンティブ(報奨金)制度とは? 健康保険料率が下がり、健康も守れる 35歳以上は注目の新たな仕組み 2018年3月分(4月納付分)から、協会…

糖尿病腎症重症化予防

腎臓専門医も連携 糖尿病起因の人工透析を減らそう “糖尿病性腎症重症化予防プログラム”始動! 人工透析を防ぐためには糖尿病が重症化する前が大切 人工透析とは、機能が低下した腎臓の代わりに人工的に血液を…

病気とお金のふか~い関係

病気には多くのリスクがある 私たちが突然病気になったとき、実際にどのような出費が掛かってくるのだろうか。手術費や入院費などはすぐにイメージできるが、意外と忘れがちなのが、その前段階に掛かる費用だ。 た…

協会けんぽの取り組みにフォーカス...

「健診」と「ジェネリック医薬品」で医療費削減を目指す 中小企業などで働く従業員とその家族からなる日本最大の医療保険“協会けんぽ”。 日本の医療費を削減するために行っている取り組みとは。   地域密着の…